FANDOM


産む機械(うむきかい)とは、出産可能な女性を子どもを「生産」する機械に喩える言葉。2007年1月に厚生労働省大臣の柳澤伯夫が少子化問題に関連してこの言葉を使ったことが、女性をモノと見なし少子化の責任を女性だけに押しつける差別発言であるとして抗議を受けた。 発言の文脈は、女性の数が少ない今、一人の女性に複数の子どもを産んでもらうような仕組みにしなければ少子化は食い止められないという内容であり、「機械」という単語は女性を「子どもを産むことが可能な性」として抽象的にとらえるために使用された。 大臣に差別意識はなかったが、「機械」という単語は「自由意思がない、強制的になにかをさせられている、使用されている」という印象が強く、マスコミもそのような意味の言葉として取り扱ったため発言の意図も誤解され、大きな騒動となった。

関連項目 編集

関連サイト 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki