FANDOM


Smallwikipedialogo.png このページは ウィキペディア の内容を再利用しています。元の記事は 摂食障害 にあります。記事の著者リストは こちらです


テンプレート:Medical 摂食障害(せっしょくしょうがい、eating disorder)は、患者の極端な食事制限や、過度な量の食事の摂取などを伴い、それによって患者の健康に様々な問題が引き起こされるという、心身症の一種。根本な原因は定かでないが、心理的なストレスや不適応、コミュニケーションの不全などが原因ではないかと指摘されている。

摂食障害の中には、拒食症過食症などの種類があるが、一人の患者が複数の摂食障害をもつことは珍しくない。極端な過食症は、往々にして拒食症に反転することが多い。またその逆パターンも珍しくない。摂食障害のきっかけとしては、初期はダイエット目的の絶食、食事姿を人に見られるのを恥じる、などが挙げられる。

摂食障害の呼称は多数存在する。例)拒食症過食症神経性無食欲症神経性大食症、思春期やせ症、神経性食思不振症、神経性食欲不振症、食行動異常、AN、BNなど

症状編集

症状は患者によって様々だが、次第に体重減少から拒食であると周囲に思われるのを嫌い、人前では食品を食べてみせ、直後にトイレに行き、無理やり食べたものを全て吐くといった行動をとる患者もいる。食べた物を吐いても、ほとんどのエネルギーが体内に吸収されることは、医療的に実験が行われ、証明されている。嘔吐を繰り返すことによって、身体に必須なミネラルが失われ、心臓を悪くする患者もいる。咽頭の奥に爪による潰瘍ができたり、また、利き手の指に胃液による胼胝(タコ)ができ、手の甲に一列に歯型が残る。このような患者は、食事後にトイレを頻繁に使用する。

症状が更に進むと、極限まで痩せ細り生理がとまり、頬もコケ落ちてくる。この時期でも本人はいたって元気な様子を見せる事が多い。また過呼吸による咽渇感から水分を飲み過ぎて胃が膨れ、食べられなくなるということもある。

この疾病は精神的疾患と内科的疾患(栄養失調肥満脳萎縮,骨粗鬆症)を併発することがあるので、両者の専門医にサポートと適切な指示を仰ぐ必要がある。

統計編集

摂食障害は、若い女性に多くみられ、男性には拒食症は比較的少ないとされる。最悪の場合には餓死、皮下脂肪減少に伴う体温低下から心停止もありうるので注意を要する。

対処編集

拒食過食は周期的に繰り返される場合が多く、精神科医・心療内科医など医師や心理カウンセラーの心理的なカウンセリングを受けることが有効である。

原因編集

摂食障害の根本的な原因は、医療的にまだ定かでない。思春期ダイエットがきっかけとなる場合が多い。思春期は成長期の為太りがちだが、昨今の社会的風潮から異常なまでに痩せている容姿がもてはやされ、やせ願望に拍車がかかっている。ダイエットをすることにより本人が無意識に自己イメージの否定を行うことから始まる。体重減少で達成感を味わい、更なる達成感を求め、結果的に脳の満足中枢が正常に機能しなくなってしまうことによって起こるとされる。

摂食障害になる理由としては以下の説がある。

  1. 成長することに対する恐怖からの代償行動説
  2. 同様の、「女性性の拒否」による代償行動説
  3. 肥満への恐怖からのダイエット・ハイ説
  4. ストレス解消説
  5. 遺伝

関連項目編集

テンプレート:Medical stubde:Essstörung en:Eating_disorder fi:Syömishäiriö he:הפרעות אכילה nl:Eetstoornis sv:Ätstörningar

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。