FANDOM


Book backlash

バックラッシュ!

バックラッシュ! なぜジェンダーフリーは叩かれたのか双風舎が2006年に出版した論集。 著者は上野千鶴子宮台真司斎藤環小谷真理その他。

概要 編集

ジェンダーフリー男女共同参画に対するバックラッシュの言説を検証し反論するとともに、それらが生じ支持を集める社会的要因を分析。ジェンダーフリーという言葉やその他の課題に対する立場は論者によってさまざまであり、必ずしも一貫性はない。 有志により2006年6月末の発売の前後2ヶ月間にわたって発売記念キャンペーンブログが毎日更新で展開された。

目次 編集

まえがき by 編集部
I. バックラッシュとは何か?
宮台真司 ねじれた社会の現状と目指すべき第三の道 ——バックラッシュとどう向き合えばいいのか——
II. 嗤う日本のバックラッシュ
斉藤環 バックラッシュの精神分析
鈴木謙介 ジェンダーフリー・バッシングは擬似問題である
後藤和智 教育の罠、世代の罠 ——いわゆる「バックラッシュ」に関する言説の世代論からの考察——
<コラム> バックラッシュを知るためのキーワード一〇
III. 男女平等のアカルイミライ
山本貴光吉川浩満 脳と科学と男と女 ——心脳問題〈男女脳〉編——
澁谷知美 バックラッシュ言説は「非科学的」である
小谷真理 テクハラとしてのバックラッシュ ——魔女狩りの特効薬、処方します——
<コラム> 男女共同参画予算とは何か
IV. ジェンダーフリー再考
ジェーン・マーティンバーバラ・ヒューストン ジェンダーを考える
バーバラ・ヒューストン 「ジェンダー・フリー」概念に関するコメント
山口智美 「ジェンダー・フリー」論争とフェミニズム運動の失われた一〇年
V. バックラッシュの争点を探る
小山エミ 「ブレンダと呼ばれた少年」をめぐるバックラッシュ言説の迷走
瀬口典子 「科学的」保守派言説を斬る! ——生物人類学の視点から見た性差論争——
長谷川美子 たかが名簿、されど名簿 ——学校現場から男女平等を考える——
荻上チキ 政権与党のバックラッシュ
<コラム> バックラッシュ、七つの論点
VI. バックラッシュを乗り越えるために
上野千鶴子 不安なオトコたちの奇妙な〈連帯〉 ——ジェンダーフリー・バッシングの背景をめぐって——
執筆者紹介

関連項目 編集

関連サイト 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki